職業ちゃんねる

世の中の様々な職業、就職、転職、資格などに関する2ちゃんねるのまとめブログです。

Sponsored Link

限定正社員

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
bne58-1

1: シャルトリュー(埼玉県) 2013/07/02(火) 23:44:52.91 ID:KEEp4G61P BE:1847356237-PLT(12001) ポイント特典
安倍政権は、職種や勤務地、労働時間などをあらかじめ特定しておく「限定正社員」の雇用ルールを2014年度までにまとめる考えを示しました。

働き方の多様化により雇用の安定が期待される一方、ルールづくりによっては、正社員より解雇されやすくなるのではないかとの問題点が指摘されています。

そこで質問です。「“限定正社員”制度、賛成ですか?反対ですか?」

「賛成」55%、「反対」45%で、意見が分かれる結果となりました。賛成派には、「家事、育児を両立している人には朗報」(男性・40代)、「優秀なパートの方を雇う場合や、結婚、出産後も働きたい女性には良いと思う」(男性・30代以下)など、多様な働き方を歓迎する意見を多くいただきました。反対派では「経営側に都合の良い制度になりそう」(男性・50代)、「正社員より解雇されやすくなりそう」(男性・30代以下)など、
企業の悪用を心配する声が多数届きました。また、いずれの意見にも、しっかりとしたルール作りを求めるコメントが寄せられています。

http://www.nikkan.co.jp/toku/enq/bknimg/imadoki_20130702.gif
http://www.nikkan.co.jp/toku/enq/enq20130702.html


Sponsored Link
この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
images

1: やるっきゃ騎士φ ★ 2013/06/06(木) 10:39:18.38 ID:???
一般正社員と異なり、職種や勤務地などを限った「限定正社員」の普及に向けてルール整備を目指す方針が、安倍政権の成長戦略に盛り込まれた。多様な働き方を可能にして「非正規雇用から正規雇用への移行を促す」とされ、求職者には歓迎の声も。だが「勤労者の4割近くが非正規雇用」という状況下で、企業にとっては解雇が容易となり、雇用の不安定化がさらに進むおそれも指摘される。

5日、名古屋市名東区のハローワーク名古屋東。同市守山区の男性(33)は「平日に休ませてもらえるなら、限定正社員でもいいかも。仕事と家庭生活が両立できる」と話した。鉄工所の正社員だが、毎月1回、難病の娘(2つ)の通院治療のため平日に休みを取っている。会社に理由を話したら「会社の望むように働いてほしい」と言われた。1月から転職先を探しているが、8社で不採用に。「勤務時間などで希望を受け入れてもらえるなら、限定正社員の道を選ぶ可能性はある」


一方、同様に職探し中だった守山区のアルバイト男性(33)は「不安定な雇用形態に不安がある。限定正社員より、普通の正社員の増加を政府は目指すべきだ」と話した。

労働界などでも批判の声が強い。東海地方の女性労働者でつくる女性ユニオン名古屋の内藤菊江副委員長は「限定でも『正社員』にあこがれる人はいるかも」とした上で「実態は介護や育児に追われる女性などが正社員になれず、限定正社員として差別され、低賃金で雇われることになりかねない」と話す。岐阜県美濃加茂市のソニー子会社工場など、大企業が地方拠点を閉鎖する例が続いているだけに「地域限定の正社員の場合、閉鎖と同時に解雇できる。企業にとって都合の良い制度」と指摘する。

労働法に詳しい後藤潤一郎弁護士も
「配置転換や残業を受け入れられない人は限定正社員として、解雇のリスクを負えということ。日本では同じ社員に事務や営業、製造など、何種類もの仕事をさせる企業が多い。経営側有利の雇用関係で、限定正社員が別の仕事を求められたり、サービス残業を拒めないこともありうる」と話した。

<限定正社員>
職種や勤務地、勤務時間などが限定された正社員。正社員と非正規雇用の中間的な雇用形態といえる。身分が不安定な非正規社員から限定正社員になれば待遇改善が期待できるなどの
利点があるとされる。既に多くの企業は「勤務地などを限定する代わりに賃金を安くする」などの仕組みを取り入れているが、手厚い雇用保障では経営側にメリットが少なく、経団連は一般正社員より解雇しやすくする規定を求めている。

ソースは
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2013060690085028.html

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
128

1: アムールヤマネコ(WiMAX) 2013/05/26(日) 20:36:56.13 ID:81UW1EQt0● BE:1339392645-BRZ(10072)
政府の規制改革会議が制度を広げようと検討を進めている「限定正社員」。その狙いを解説します。

限定正社員とは、「勤務地や職務、労働時間などが限定された正社員」のことで、正社員と非正規労働者の中間に位置するもの。現在でも、50%以上の企業で、同じような仕組みを取り入れている。なぜ、あらためて、この制度について検討しているのか。厚生労働省担当の橋本 礼次郎記者は「今回、解雇についてのルール作りが大きな課題になっています。きちんとしたルールを作ることで、働く側と会社側、双方にメリットが出るようにしたいからです」と話した。正規雇用と非正規雇用の推移を見ると、2000年から非正規雇用の割合が増えていて、2010年には、35%近くが非正規雇用になっている。

こうした非正規労働者を、限定正社員にシフトさせることで、安定した仕事に就けるように
目指したいというのも、1つの考えとなっている。「限定正社員」のメリットは、ほかにもある。働く側のメリットは、「ライフワークバランスが考えやすい」ということが挙げられる。
働き方が限定できるので、子育てや介護などをしながら働く場合、ある程度自由に働き方を選べる。さらに、「非正規雇用より安心して働ける」ということ。これは、非正規雇用のように、1年契約など期間限定ではなくなる。給与も非正規雇用より上がるとみられ、安心して働きやすくなる。対する雇用する企業のメリットとしては、「給与が抑えられる」。これは、転勤や残業などがなくなる代わりに、給与を正社員より抑えられる。そして、2つ目が「解雇が容易」ということ。これは、限定正社員なので、例えば支店を閉じる場合などは、その支店の限定社員を解雇することができる。そして、その解雇できる仕組みをつくることで、経済の活性化を図りたいというのが規制改革会議の狙いの1つだという。

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00246731.html

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
PK2013051402100046_size0

1: 依頼@@@@ハリケーン@@@φ ★ 2013/05/18(土) 17:08:37.56 ID:???
政府の規制改革会議の雇用ワーキンググループ(座長・鶴光太郎慶応大大学院教授)が近くまとめる雇用改革の骨子案が十三日、明らかになった。職種や勤務地、労働時間が限られる「限定正社員」の解雇ルールの整備を求めることが柱で、正社員よりも解雇条件を緩和することを目指す。

政府は、限定正社員の普及を目指している。特定の職種や勤務地がなくなり人員削減が必要になった場合を想定して解雇ルールを定め、企業に限定正社員導入を促すのが狙い。ただ雇用の不安定化につながりかねず、労働組合などから反発も予想される。

十四日のワーキンググループ会合で骨子案を議論した上で、規制改革会議に報告する。

骨子案は、限定正社員の解雇は、勤務地や職種の廃止など経営上のやむを得ない事情が必要と指摘。ただ、労働者や労働組合の納得を得られるような説明や協議が必要と明記し、配置転換などで雇用を維持できれば、解雇回避を検討するよう要請した。

勤務地などが決まっている限定正社員は、賃金が正社員よりおおむね低いものの、正社員のように雇用が守られることが多い。このため企業側からは、正社員と異なるルール適用を求める声が上がっていた。

骨子案では、実際の労働時間とは関係なく賃金を支払う「裁量労働制」のうち、企画、調査などを手がける事務系を対象とした企画業務型の導入手続きを簡略化するなどの見直しを要求。

労働者派遣制度のうち、正社員の仕事を奪わないという「常用代替防止」の考え方の再考を求めたほか、ハローワークと人材紹介企業が求人情報を交換できるような関係強化も盛り込んだ。

 <限定正社員> 職種や勤務地、労働時間などが限定された正社員。地域限定正社員や短時間正社員などがあり、長時間勤務や転勤のある正社員に比べ、子育てや介護との両立がしやすい利点がある。派遣社員や契約社員といった非正規労働者が、雇用期間の定めのない限定正社員に転換することで、より安定した処遇を得られると期待されている。ただ正社員より賃金水準が低いことが多く、正社員からの切り替えは待遇の引き下げが懸念される。

ソース:東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2013051402000143.html

この続きを読む

このページのトップヘ

アクセスランキング