職業ちゃんねる

世の中の様々な職業、就職、転職、資格などに関する2ちゃんねるのまとめブログです。

Sponsored Link

離職率

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
yshirts

1:09/15(日) 00:06:55.28: VYbVKQmT0
メリット 
1.離職率がめちゃくちゃ低い 
2.ルーチンな事務作業中心なので頭を使わなくてもOK 
3.ノルマがない。ミスさえやらかさなきゃそれでOK 
4.部署にもよるが基本ずっーーーとお役場の中での仕事 
5.出張はたまーに研修で機会がある程度 
6.転勤はあっても県内(市町村採用ならもちろんない) 
7.有給や育休などが取得し易い雰囲気 

デメリット 
1.給料は控えめ 
2.福利厚生も薄い 
3.転職市場での評価が低い 
4.副業出来ない 
5.残業は意外と多い

Sponsored Link
この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
eigyou

1: 名無しさん@おーぷん 2015/10/01(木)22:46:57 ID:Cg7
まだ27歳なのに明日から事務局長だぜ

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
shukatsu

1: 名無しさん@おーぷん 2014/07/06(日)15:32:18 ID:nIqx9DAmM

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
images

1: クロスヒールホールド(家) 2013/12/02(月) 07:53:57.36 ID:LE0BDNX8P BE:2876952285-PLT(22223) ポイント特典
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20131202-OYT1T00107.htm
若者に過酷な労働を強いる「ブラック企業」対策で、厚生労働省は来年度からハローワークを通 じて大学生や大学院生を採用する企業に対し、離職率の公表を求めることを決めた。

2015年春の大卒、大学院卒らに向けた求人票から、過去3年間の採用者数と離職者数の記入欄を設ける。記入は強制ではないが、「空欄のままだと公表できないほど離職率が高いのではと見られる」(厚労省幹部)として、抑止効果が期待できるという。

ブラック企業は早期退職が続出することを見越して若者を大量採用するのが特徴で、離職率は有力な判断材料の一つ。極端な長時間労働や残業代の未払いは労働基準法違反で是正指導できるが、離職率が高いだけでは違法ではないため、厚労省は情報開示で改善を促すことにした。

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
136

1: エジプシャン・マウ(兵庫県) 2013/04/01(月) 07:24:10.08 ID:hNF+NV0+0 BE:1054984234-PLT(12000) ポイント特典
新卒3年後定着率ベスト300
http://tk.ismedia-deliver.jp/mwimgs/d/b/-/img_db4cb6c8fc597eba73c4b185078db8fc528766.jpg
http://tk.ismedia-deliver.jp/mwimgs/e/2/-/img_e216d66c8551d6e6e8f1c341064ceb72554811.jpg
http://tk.ismedia-deliver.jp/mwimgs/6/b/-/img_6b41440d563b388bb9c322fa73ba6d15558429.jpg

まずは全体像をご紹介する。全体の定着率の平均は86.0%。男性87.5%、女性84.8%だった。
これは「3年後に5割辞める」と言われる高卒も含む数字。

次に業種別に見ていこう。2社以上ある業種で定着率が最も高かったのは、電気・ガス業の97.7%(11社)。電力会社やガス会社は、地方では人気が高い会社の1つ。地元の優秀な大学生や高校生、Uターン学生などが多く入社する。

階層が明確で賃金の高い海運業も97.6%(5社)と97%超。ほかに電気機器93.2%(83社)、医薬品92.6%(13社)なども高い。一方、低い業種は、証券・商品先物業63.9%(5社)、小売業69.6%(51社)、サービス業73.6%(48社)となった。土日の勤務が多い小売業は有給休暇取得率なども低い。休みにくい職場であることも退職者が多い要因かもしれない。

さて、今回のランキングには製造業が多くランクインしている。こうした会社には高卒など、大卒者以外の新卒者も多数存在する。一部の幹部候補だけでなく全体で高い定着率を誇る職場こそ、真の働きやすい会社と考えてよいだろう。

さて、今回のランキング対象は、アンケートに回答のあった会社のみ。学生が就職先を選ぶ際にも、データがない会社には不安を抱く面も多いはずだ。まずは情報開示が、ホワイト企業への一歩といえるだろう。

http://toyokeizai.net/articles/-/13467

引用元: http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1364768650/

この続きを読む

このページのトップヘ

アクセスランキング