職業ちゃんねる

世の中の様々な職業、就職、転職、資格などに関する2ちゃんねるのまとめブログです。

Sponsored Link

4割

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
images

1: 諸星カーくんφ ★ 2013/11/04(月) 22:56:44.01 ID:???
「アベノミクスがもたらす影響」について、川崎信用金庫は川崎市内の中小企業を対象にした調査結果をまとめた。第1の矢(円高是正など大胆な金融緩和)や第2の矢(公共投資など機動的な財政政策)について、「影響はない」と回答する企業がともに約4割で、直接的
影響は少なかったことが分かった。

調査結果によると、第1の矢について「良い影響があった」は9・2%で、「悪い影響があった」の7・5%と大差はなく、「影響はない」(39・0%)、「どちらともいえない」(44・3%)がともに約4割を占めた。

第2の矢についても「良い影響があった」が7・9%、「悪い影響があった」が4・1%で、「影響がない」は42・8%、「どちらとも言えない」は45・2%。同信金は「良い方向に向かっているが、中小企業への波及に時間がかかっている」と分析している。

第3の矢とされる「民間投資を喚起する成長戦略」(複数回答)で期待する分野としては、規制改革の推進=41・2%▽責任あるエネルギー政策の構築=39・8%▽産業の新陳代謝の円滑化=31・1%▽経済連携の推進=27・5%-などの順だった。

また、賃金の引き上げに関して「据え置いている」は77・3%、「引き上げた」は18・5%、「引き下げた」は4・2%だった。

調査は9月上旬、川崎市内に営業拠点を置く中小企業702社を対象に実施。有効回答率は73・7%。

http://sankei.jp.msn.com/region/news/131104/kng13110420260002-n1.htm


Sponsored Link
この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
images

1: @@@ハリケーン@@@φ ★ 2013/09/22(日) 00:14:35.93 ID:???
現在、NPO法人育て上げネットと立命館大学(西田亮介准教授)の協働調査「若年無業者白書
-その実態と社会経済構造分析-」(10/27発売予定)において、若年無業者( 定義 )のうち働くことを望んでいるが求職行動が起こせない非求職型(n=635 )について履歴書作成および面接における無業期間(社会的ブランク)への質問に対しての記述/回答ができないことから、求職行動に至らない若者が38%いることがわかりました。

(参考b)
求職型(n=733):28%
非希望型(n=367):10%

現場でも、履歴書作成の際に、無業期間の部分をどう埋めるのか。面接(ほぼ採用担当者は
利いてきます)でどう応答していくのかで悩んでしまう若者の相談があります。

顕著な例としては、履歴書を送付しても面接まで進めないことや面接を何度受けても、この部分がネック(と推察される)になり不採用が続くことがあります。

採用担当者も、やはり、無業期間(働けない時間)を大変気にされることが多く、変えることができない「過去」をどのように説明するのかが大きな課題となっています。

求職型(仕事を探している)の若者でも28%がこのスキマについて悩んでおり、綺麗な経歴(ストレーター)ではない若者にとって就職への高い壁となっています。

経歴を気にされない採用担当者/採用意欲ある企業も多々いらっしゃると思いますが、求人票やWebサイトからそのような企業を見つけることは難しく、何かうまい方法はないかと考えています。

ソース
http://blogos.com/article/70361/?axis=g:0

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
暑い男

1: 本多工務店φ ★ 2013/07/24(水) 22:17:54.80 ID:???
20歳代以上の男女の約4割が生活が苦しいと感じていることが24日、国立社会保障・人口問題研究所の「生活と支え合いに関する調査」で分かった。5年前と比べ、生活水準が悪くなったと考える男女も4割近くに上ることが判明した。

調査は2007年から始まり5年ごとに実施。2回目となる今回は12年7月、約2万6千人を対象に調査し、2万1173人(80.6%)から有効回答を得た。

暮らし向きについて「やや苦しい」「大変苦しい」と答えた男性は計40.3%、女性は計36.7%。これに対し、「ゆとりがある」としたのは男性が9.1%、女性が9.9%と1割ほどにとどまった。男女とも5割ほどが「普通」と回答した。

5年前との生活水準の変化を尋ねたところ、「悪くなった」「かなり悪くなった」とした男性は計39.8%、女性は37.7%に上った。

一方、親に経済的援助をしている20~60代は男性が前回調査と比べて2.3ポイント増の14.3%、女性が同2.4ポイント増の10.5%だった。

ソース:日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2404V_U3A720C1CR8000/
ソースのソース:国立社会保障・人口問題研究所
生活と支え合いに関する調査
http://www.ipss.go.jp/ss-seikatsu/j/2012/seikatsu2012.asp

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
images

1: トペ コンヒーロ(SB-iPhone) 2013/07/24(水) 21:03:35.25 ID:UsLWzUwyi● BE:4495507788-PLT(12001) ポイント特典
今の暮らし向きを「苦しい」と感じる人が約4割に上ることが24日、国立社会保障・人口問題研究所が発表した2012年の「生活と支え合いに関する調査」でわかった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130724-00001052-yom-soci

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
graduation_jubilation

1: ボルネオヤマネコ(京都府) 2013/07/06(土) 13:28:25.79 ID:LfIzK7io0 BE:272144063-PLT(12001) ポイント特典
増えた博士、足りぬ仕事 4割が安定した職に就けず

【岡雄一郎、河原田慎一】せっかく博士課程まで勉強しても、安定した職に就いたのは半数だけ――。昨年の文部科学省の調査で、そんな実態が明らかになった。成長戦略に欠かせない技術革新の担い手として期待される人材なのに、就職先が足りないのだ。

■教員への就職、難しく

「正規雇用」と「非正規雇用」――。文科省は昨年、博士課程を終えた後の進路について、初めてこんな区分を設けて調べた。

昨春の修了者1万6260人のうち、無期雇用の正規職員は8529人(52%)。一方、1年以上の有期雇用の非正規職員は2408人(15%)、主に1年未満の「一時的な仕事」855人(5%)、進路が決まらない「就職も進学もしない」3003人(18%)。つまり、安定した職に就かない博士が計38%に上った。

この「非安定雇用」の割合は専攻分野で差がある。医学や薬学などの「保健」は24%と低いが、「農学」53%、数学や物理学などの「理学」57%、文学などの「人文科学60%。「すぐに利益につながらない基礎研究などの分野は、特に企業への就職が難しい」と文科省の担当者はみる。

http://www.asahi.com/national/update/0704/TKY201307040415.html

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
037

1: やるっきゃ騎士φ ★ 2013/07/03(水) 12:06:12.16 ID:???
ソースは
http://www.j-cast.com/kaisha/2013/07/02178535.html?p=all

[1/2]
通勤時間に往復3時間以上かけている人の4割は、1日の多くを思い悩みながら過ごし、朝オフィスに向かう時刻が「1日で最悪のとき」と感じる――。英大衆紙デイリーメール電子版「メールオンライン」が2013年6月23日付記事で、このような調査結果を報じた。ぎゅうぎゅう詰めの通勤電車に揺られる日本のビジネスパーソンとは、少し形が違うかもしれないが、海外でも似たような苦しみを味わっている人がいるようだ。編集部で米国と韓国、シンガポール在住の人たちに事情を聞いてみた。

■片道10分未満なら「悩み」28%にとどまる
メールオンラインが紹介したのは、米ギャラップ社による電話調査の結果。米国で勤務する18歳以上の男女17万3581人が回答し、通勤時間は平均23分。大都市圏では時間が長くなり、全体の3%は片道1時間以上かけて通勤しているという。

調査は、通勤時間が心身に与える影響を分析している。片道90分以上かけている人の40%が、何かしらの悩みや心配事を抱えていると答えたのだ。対照的に片道10分未満の人で、悩みのある人は28%にとどまっている。ほかにも、通勤に長時間かかっている人は「日々を楽しめている」「しっかり休息できている」と答えた割合が低くなった。これだけ材料が揃えば、通勤時間ほど人をゲンナリさせるものはないとの証拠になるだろうか。

米シアトル郊外在住の日本人女性の場合によると、「通勤に片道2時間費やす同僚」は、しばしば「仕事を変えたい」と愚痴をこぼしているそうだ。自宅でくつろぐ時間が大きく削られてしまえば、自然と「仕事がつらい」という思いが募るのも分かる。米シリコンバレーに駐在する日本人男性は、自宅から車で20分ほどのところにオフィスがある。自分は通勤が大変とは感じないが、「高い家賃を嫌って郊外に住む人が多く、ひどい渋滞に巻き込まれる人もいる」と話す。渡米前は50分程度かけて通勤していたが、満員電車の混雑や夏場の暑さがつらかった。通勤時間が長いと「幸福度」が減るという調査結果には共感を示し、「通勤にかかる時間を別のことに使えればいい。早く家にも帰れる」という。

-続きます-

この続きを読む

このページのトップヘ

アクセスランキング