illust3924

1: フルネルソンスープレックス(秋田県) 2013/09/17(火) 20:32:48.15 ID:l1xcOzB50 BE:2285593496-PLT(12001) ポイント特典
徳島県警が2009年、速度違反取り締まりで行政処分で済む違反者に誤って刑事罰が科せられる「交通切符」(赤切符)を切った問題で、最高裁第3小法廷(岡部喜代子裁判長)は17日、簡裁から罰金の略式命令を受けた3人について、命令を破棄し、公訴(起訴)を棄却する判決を言い渡した。

納付済みの罰金(各4万~6万円)は返還される。

同県警の警察官は09年4月、法定最高速度が時速60キロの徳島市の市道で、最高速度を同50キロと誤り、3人に赤切符を切っていた。罰金の略式命令が同年5~7月に確定した後、12年に問題が発覚。検事総長が刑事訴訟法に基づき、確定した略式命令を破棄するよう最高裁に非常上告していた。
(2013年9月17日20時18分 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130917-OYT1T01041.htm


Sponsored Link
この続きを読む